梅林堂 あんみつ | 武蔵浦和周辺の賃貸は株式会社 辻興産

駐車場をお探しの方・入居者の方はこちら

本店048-862-8558

お部屋探しの方はこちら

武蔵浦和店048-864-1000


  • 梅林堂 武蔵浦和マーレ店のあんみつ



    私の大好きなスイーツの一つ、「あんみつ」を、「梅林堂武蔵浦和マーレ店」さんで買いました。
    「梅林堂武蔵浦和マーレ店」さんは、「さいたま市南区白幡5-19-19マーレA館1階」にあります。
    埼玉県民は、ケーキの消費が全国でも1位、2位というくらい、スイーツが好きらしいです

    梅林堂さんのあんみつは、寒天と塩豆、ミカン、パイン、あんず、さくらんぼ、求肥がなんと3コ、黒蜜が2本という豪華さです。
    黒蜜がサラッとしていて、2本、一気に投入しても、くどくなく、美味しいです。
    あんずが入っているのも、求肥が3コ入っているのも嬉しいです。

     



     

    梅林堂さんのサイトを見ても、こちらのあんみつの情報が出てこないので、もしかしたら、武蔵浦和マーレ店さんのみの販売かしら。。。。
    下記、梅林堂武蔵浦和マーレ店さんのお写真です。(梅林堂さんのサイトからです。)

    品数も多く、朝一番に工場から届く、塩大福も最高です。(こちらもサイトからです)

    こちらが、偶然ですが、明日2月22日に特売のようです
    買いに行きます。

    こちらの大福は、今あるかわかりませんが、護国寺にある大人気の大福屋さんを彷彿とさせる美味しさです。

    梅林堂さんのサイトをみると、
    「梅林堂の創業は1864年の元治元年。
    農民であった初代久兵衛が幕末の動乱のなか、京都や伊勢で食べた貸のおいしさに魅了され、
    おいしいお菓子を作ろうと思い立ったのがはじまりです。
    当時、熊谷宿は中山道の宿場として栄えていました。
    梅林堂の発祥の地は石原村という静かな小さな村でした。
    その様な風土の中で、町はずれの菓子屋から街なかの人々に喜ばれる、おいしい菓子を作ろうという新しい魂が生まれたのです。
    以来、私たちは、お菓子のおいしさを追求しつつ創意工夫を加えながら、埼玉・熊谷の地で150年以上ものあいだ連綿とお菓子を作り続けています。」

    150年、すごい歴史です。
    こちらの記述の通り、梅林堂さんは新しいお菓子にチャレンジしていらして、飽きさせません。
    洋菓子もあり、ケーキやプリンも美味しいです。
    以前、朝一番に行かないと、なかなか買えなかった「朝どら」は、友人への手土産に大変喜ばれました。

    帰省のお土産にも、埼玉の銘菓として、最適です
     

     


【テーマ】|
カレンダー
 << 2021年9月  

辻興産からのお知らせ

業者様向け

法人様のキャンペーン情報はこちら
LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)優良店認定
辻興産でライン登録
SUUMO
athome
ハトマークサイト

賃貸設備トラブルの会員(有料)をご希望の方は、
辻興産へご連絡ください。